須崎屋について

五三焼かすてら窯元 須崎屋
五三焼かすてら窯元 須崎屋
五三焼かすてら窯元 須崎屋

慶応3年(1867年)創業より、150年を超える長崎の老舗カステラ屋【須崎屋・すざきや】の公式ストアにお越し下さいまして、誠にありがとうございます。 【須崎屋の歴史】 島原から長崎まで海運業を営んでいた初代「伊藤安次郎」が当時、大変に貴重であった長崎カステラを「地元・島原の人にも美味しいカステラを食べてもらいたい」との想いから、長崎でカステラ作りを修行して学び、本業である海運船で長崎から島原へ、材料の砂糖や小麦粉を運搬したのが始まりです。 【屋号 ”須崎屋” の由来】 創業の地【須崎港】、所有していた海運船【須崎丸】地元愛にあふれる名前です。 【五三焼について】 近代化が進み工業製品が機械導入による自動化で、機械による大量生産化、かすてら職人の減少など、手作りが激減する現代。 通常、多くの”カステラ”は全卵(卵黄1:卵白1)を使用して作製されます。 当社は通常製法とは違い、職人の「勘所」が必要とされ、経験と高い技術が求められる”卵黄5:卵白3” の”カステラの黄金比率”で作製します。 この【五三焼かすてら】を当社・須崎屋は真面目一筋、熟練職人が丁寧に時間をかけ、一つ一つ手焼きする事にこだわり続けております。 三代目「萬吉」が、長崎で【長崎五三焼かすてら】の製法を会得! →四代目「洲二」~五代目「代二」~六代目「剛」と創業以来、受け継がれ続けております。 ・「窯元」須崎屋 現在、五代目が【50年を超える職人生活】の末たどり着いた【秘伝のレシピ】を元に多くの職人達が日々、修行しています。 そして五代目と当代とが、原材料から素材、農家の飼料から製法工程まで細部に至る「こだわり」を胸に【須崎屋従業員一同】共々、進化し続けております。